2017年01月10日

2016年を振り返る

2016年は海外ではBREXIT、トランプショックとありましたが、特にこのタイミングで私自身動くことはなく、個人的には無風状態でした。国内に目を向けると4月に始まった電力自由化が不発に終わったのが残念です。
というのも相変わらずエプコ(2311)に一極集中している状況で、社運をかけた先行投資に対し、その損失については異次元成長の名の下に甘受していた訳ですが、残念ながら社長に言うところのミスリードに引っ掛かっただけで、今ではほとんど保有する目的がなくなってきました。
そもそも異次元なので、売上・コスト(円)とは軸の違う虚軸の何かが成長したのでしょう…それを売上高へ正射影する知恵を絞って欲しいものです。
ENESAP拡販による労働集約でない収穫逓減モデルからの脱却を期待しましたが、結局は労働集約に落ち着くようです。
労働集約は将来的にAIにとって代わられるものですが、その辺の情報発信が何らないのも、気になる。
労働集約に落ち着くなら落ち着くで地に足のついた中計を出してほしいものですがね。
こんなイメージがあるのだから。

ということで愚痴しか書いてませんが、2016年のパフォーマンスはエプコに左右される状況となり、−5.8%という結果に終わりました。

そういえば期待通り、控えめな業績予想からの上方修正連発はしてくれたものの、大分イメージとは違った。
電力自由化関連の売上高がどんどん詰みあがっての上方修正の連発を期待したのであって、既存事業の上振れ実績を小出しに積み上げての修正は予測可能であるし、サプライズにもならない。
控えめな予想はあってもいいけど、経営の意思表示でもある訳で下げない程度にお願いしたい。

2017年はトランプの近隣窮乏化策もあり、米株に手を出そうかなと思ってます。そのため中国株は今年に入って既に一部売却済み。
近隣窮乏化策からの戦争という流れは歴史上明らかだからやめようという動きがリーマンショック後にあった気がしたが、BREXIT後からそんな雰囲気はなくなってしまったね。戦争になった時にどうすべきか考えておかないとな…
posted by zillionaire at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | パフォーマンス

2016年01月03日

2015年を振り返る

新年あけましておめでとうございます。

アベノミクスの3本の矢がうやむやになったまま新たに3本の矢が出てきましたが、GDP600兆円は政策の積み上げでないとしたら、「画餅」と言わずして何と言うのでしょうか?
全体的な規模を追うのは時代遅れだと思うのは自分だけですかね?
幸福度における研究成果は活かされないのですかね?
600兆円達成したとして、非正規雇用が拡大し、平均年収が下がり、晩婚化が進み、生涯未婚率が上昇して、治安悪化したらダメですよね?
企業に富が偏りがちなのをどういう税制にしたら従業員や株主に配分を増やせるか?
1人あたりのGDPや、単位時間当たりのGDPで考えないのか?
もう少しきめ細かく目標設定してもらいたいです。

そんな中zillionaireはエプコに集中した状態は相変わらずで、エプコ集中状態を緩和するため年初にライフネット生命を買い、NISA枠を使い切りました。そんな折4月にネパールの大地震が発生し、寄付でもせなあかんかなと、KDDIと提携発表で一段上がっていた、ライフネット生命を利益確定し、NISAでなかったら払ったであろう税金に相当する金額を寄付しました。
あとは優待株をちょこまか買ったくらいで、ほとんど取引はしてません。
結局エプコの下方修正による株価低迷が響き、−9.7%となりました。
エプコは今年が勝負の年だろうな。地味目に業績予想を出してもらって、ガンガン上方修正する感じにして欲しい。

ポートフォリオ(総合)
銘柄現在値前年比(%)数量評価額買値評価損益(%)
日本株(現物)51,489,700 -4,639,300(-8.3%)1 51,489,700 47,522,300 +3,967,400(+8.3%)
中国株・インド株5,251,979 +311,342(+6.3%)1 5,251,979 1,163,686 +4,088,293(+351.3%)
出金※1 0(0.0%)15,880 15,880 1 0(0.0%)
委託保証金現金1 0(0.0%)683,732 683,732 1 0(0.0%)
※入出金によるパフォーマンスを変動させないための勘定純資産57,441,291 含み損益+8,055,693(+16.3%)
出資金14,000,000 通算損益+43,441,291(+310.3%)
2015年度包括利益-6,145,586(-9.7%)


アセットアロケーション
posted by zillionaire at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パフォーマンス

2015年01月04日

2014年を振り返る

新年あけましておめでとうございます。

2014年も結局市場の目を引くようなアベノミクスの第三の矢が放たれることなく、ハロウィーン緩和の黒田頼みで日経平均が前年比プラスになったようなもんでしょうか?
良くわからないのが法人減税しようとするくせに、すぐ代替財源として他で課税しようとすることです。それ意味なくね?と思うわけです。外形標準課税で負担増となった企業は疲弊するわけで、単に「法人減税」自体が目的化されてしまってるように思います。

「ハイハイ。マーケットさんのお望み通り、法人減税してあげますよ。さあ、上がってちょうだいな」みたいな。

市場を単細胞生物か何かと勘違いしてるのではなかろうかと。法人減税することで景気を加速し、その後の税収増を狙うのが目的であれば、無駄事業の歳出カットするか国債発行して後で回収すればいいのにと思うのだが。スイングバイで人工衛星を加速する自然の摂理と同じでポテンシャルエネルギーを減らし(一時的に財政を悪化させても)、運動エネルギーを増やす(景気を良くする)ことのメリハリを持って政策運営をしてもらいたい。その点で消費増税延期を決めたのは良いことだと思ってます。税金も金融政策と同様に景気の調整弁になるように柔軟にシステマチックに出来ればいいのにね。マイナンバー導入はその一歩なんでしょうけど。

そんな中zillionaireはほぼエプコに集中投資した状態は変わらず、追加緩和狙いで年初からJ−REITを信用でいじっていました。しかし、ものの見事に4,5月の押し目で損切りしてしまい、追加緩和の恩恵にあずかれずじまい。しかも損切りの現金捻出に東レを売ってしまい、1兆円受注のサプライズにも乗れず踏んだり蹴ったり。ただ年初にエプコの電力自由化参入で一段上がった水準にいてくれたおかげで、前年比+24.5%となりました。

今年はNISAでエプコ以外に投資して、エプコ集中状態を少し緩和しようかなと。

今年もよろしくお願いします。

ポートフォリオ(総合)
銘柄現在値前年比(%)数量評価額買値評価損益(%)
日本株(現物)56,129,000 +11,137,600(+24.8%)1 56,129,000 44,807,500 +11,321,500(+25.3%)
中国株・インド株4,940,637 +1,021,938(+26.1%)1 4,940,637 1,163,686 +3,776,951(+324.6%)
出金※1 0(0.0%)1,515,880 1,515,880 1 0(0.0%)
委託保証金現金1 0(0.0%)1,001,360 1,001,360 1 0(0.0%)
入出金によるパフォーマンスを変動させないための勘定純資産63,586,877 含み損益+15,098,451(+31.1%)
出資金14,000,000 通算損益+49,586,877(+354.2%)
2014年度包括利益+12,527,470(+24.5%)


アセットアロケーション
posted by zillionaire at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パフォーマンス

2013年12月31日

2013年を振り返る

今年はなんと言ってもアベノミクスからの東京五輪決定が株価上昇の起爆剤となったでしょうか?
ただ、アベノミクスと言っても第一の矢の大規模な金融緩和が投資マインドに変化を及ぼしたことが大きく、第二の矢の機動的な財政政策や第三の矢の成長戦略は株価に対しては中立、あるいはマイナスに作用したのではと考えています。消費税増税は財政再建のために必要なのは言うまでもありませんが、そもそも当初決めた通りのタイミングで景気腰折れのリスク、それに伴い税収が逆に増税前より下がるリスクがないのか?リスク対策としてバラマキも行うようだが、バラマキが期限付き政策だった場合、その政策効果が切れる崖をどう考えているのか?そもそも増税した分バラマキに使うなら増税する意義は?と何か目的を忘れ去られている気がする。
そして成長戦略は市場の失望を買い、失速したところに東京五輪決定という神風が吹いたといったところでしょう。
前にも言った気がしますが、日銀の黒田総裁にデフレ克服のため、「戦力の逐次投入はしない」とまで言わせたくせに、安倍さんの成長戦略の小出しっぷりはあまりにも情けないです。
2014年は明確なビジョンを持った、第二の矢、第三の矢が放たれることを期待します。

そんな中、zillionaireはアベノミクス相場にはまったく乗れず。。。
J−REITは2012年末にしこたま持っていましたが、2013年の1月末に売っぱらってしまう。
そしてその資金をHEMS関連銘柄に集中投資しましたが、これが日経平均をアンダーパフォーム。
アンダーパフォームとは言っても1千万円近い含み益は乗っていたので、軽減税率終了を控え自己流では無いオフィシャルなクロス取引を実施し、含み益を吐き出しました。


結果、昨年末比で+34.5%の成績となりました。(確定利益にかかる税金を控除後)
パーセンテージとしては過去最高には遠く及びませんが、金額ベースでは過去最高です。

アセットアロケーション


今年も1年ありがとうございました。
良いお年を。
posted by zillionaire at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | パフォーマンス