2017年12月30日

2017年を振り返る

2017年の漢字は「北」でしたが、zillionaireの今年の漢字はずばり「億」です。
学生時代の2000年2月に株をはじめ、苦節17年7ヵ月での1億円突破となりました。
ちなみに元手となる軍資金は初年度50万円で始め、2009年まで段階的に増資し1400万円です。
18年に及ぶ投資来のパフォーマンスは+782%、年平均で+12.9%となります。

5年前からエプコに集中投資をはじめましたが、蓄電池レンタル関連事業や、電力自由化関連事業といった新規事業は不発(今思い返せば布石と言える)に終わり、2016年には売却や株主提案も検討するくらい不信感を得るようになりましたが、2017年は不信感をことごとく払拭いただける対応していただき、株価は大幅上昇。晴れて9月に「億り人」になれました。エプコ経営陣には感謝しかないですね。

1億円とは言え、会社辞めて暮らしていける金額ではないし、そもそもリタイヤしたところで何をするんだという話もあり、今も普通にサラリーマンをやっています。
感覚的には資産額が1千万円を超えた時に近い。要は10進数で区切りの良い数値なだけで1億円という数値に何ら意味はない。

リタイヤについて常々思っていることが「丸腰」のオマエにどんな価値があるのだと。
オマエから金をとったら何が残る。
オマエからサラリーマンという地位や肩書をとったら何が残る。
その残価がオマエの人間的価値であり魅力ではないのかと。
そしてその残価がないオマエはリタイヤしたとしても、充実した生活あるいは幸福感は得られないだろうと。
虚無感を打ち消すためのまやかしに終始するだろうと。
やっぱ自分が生み出した価値を世に提供してこそ生きてる価値があると思うんだよね。
その価値を生み出す手段は今の会社に属さなくてもいい訳で、自分がやりたいことを模索中です。
ということで今自分の中ではリタイヤ=死ぐらいの感覚しか持ってません。

人生論へ話がそれましたが、今年の投資行動としては昨年末トランプの近隣窮乏化策に目をつけ年初にNISAで米株のテスラを買ったところ、半年程で時価総額がGM並みとなり+44%で利確しました。ちなみに電気自動車関連では中国株のBYDをバフェット氏が買う前の2008年に12.4HKDで買っており、未だに保有(約5.5倍)しています。
あとはフジテック、日本信号、綿半ホールディングス、フジ日本精糖、エスクローAJなんかを買いました
株をやって17年以上経過すると指標でスクリーニングすることはなくなりました。
スクリーニングして事業に魅力を感じない割安株を妥協して買ったところで、結局割安のままだと思うんですよね。
自分が魅力を感じないのに他人が魅力を感じるかって話しな訳で。
割安な株が適正水準になる法則があったとしたら誰も苦労しないし、そんな法則はない訳で。
直感で買いたいって銘柄を買う際に指標は参考程度に見るくらいです。

2017年はエプコが貢献し、今年のパフォーマンスは+91.6%でした。

ポートフォリオ(総合)
銘柄現在値前年比(%)数量評価額買値評価損益(%)
日本株(現物)113,611,900 +55,462,000(+95.4%)1 113,611,900 70,666,630 +42,945,270(+60.8%)
中国株・インド株5,512,905 +181,092(+3.4%)1 5,512,905 1,163,686 +4,349,219(+373.7%)
委託保証金現金1 0(0.0%)4,376,992 4,376,992 1 0(0.0%)
純資産123,501,797 含み損益+47,294,489(+62.1%)
出資金14,000,000 通算損益+109,501,797(+782.2%)
2017年度包括利益+59,035,812(+91.6%)


今年1年お世話になりました。
それでは良いお年を。
posted by zillionaire at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パフォーマンス
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181982346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック