2014年01月26日

HEMS関連銘柄が電力自由化関連銘柄に化けた

今までHEMS関連銘柄と言って銘柄を伏せてましたが、twitterで普通に銘柄出してしまっているので言いますと、エプコ(2311)のことです。

家庭用太陽光発電アグリゲーション事業に関する合弁会社設立について

今まで蓄電池レンタル関連での設計受託に期待をしていましたが、その期待がzillionaireの中でやや剥げ落ちて来たところで、一気に別次元に行ってしまいました。
さて、別次元に行ってしまったことで株価はどこまで正当化されるのでしょうか?
同じく別次元に存在するエナリスは時価総額は900億円弱。
それに対しエプコは2日連続ストップ高を経てもなお100億円ほど。
もし時価総額でエナリスに肩を並べるとするなら株価20,000円も視野?

ちょっと妄想が過ぎましたね。。。
おそらく2月下旬の決算説明資料で新規事業の補足説明が出ると思われるので、その時に新規事業の行方を占ってみたいと思います。
もし今後めちゃめちゃ稼ぐ様になっても配当性向50%の方針を維持してくれるのなら、買値に対する配当利回りが相当高いお宝株になるかもしれません。
posted by zillionaire at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資:個別銘柄
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176242833

この記事へのトラックバック